いわての匠

Takumi Project 岩手の誇る匠を応援・紹介していくプロジェクト

トップページ  >  いわての匠たち  >  マルイ造形家具工業

マルイ造形家具工業

伝統工芸と匠の技が引き出す魅力と可能性

伝統工芸と匠の技が引き出す魅力と可能性

現在の盛岡以北地域と青森県南部、秋田県北部地域周辺は「南部藩」と言われ、みちのく南部八百年の地方文化と歴史を有しておりました。 岩手県九戸村はその南部藩のほぼ中心的な地域であり、その歴史的背景から九戸村で作られた箪笥を「南部箪笥」と称しております。
日本の伝統工芸といわれる箪笥の中でも、今なお頑なに伝統を守り続けている「岩手民藝-南部箪笥」。岩手県の山嶺で産出される欅や桐を主材に、 「摺り漆」による塗装と手打ち彫金金具が施された箪笥は、他にはない気品に満ちています。衣装箪笥だけでなく、階段箪笥や水屋箪笥など種類も 豊富な伝統工芸の逸品です。

“技”の際立つ職人

“技”の際立つ職人

木取り、木部加工、塗装、彫金と各工程のスペシャリストが揃い、数多くの一級技能士がいるマルイ造形家具工業。
職人の確かな目によって、厳選した木材を選び、日本古来の伝統指物技術である「蟻組み継ぎ」「臍組み」「チギリ連結」「楔連結」等を随所に使い、 一切の鉄釘を使わず作りあげていきます。また、塗装に使用する「漆」は、先代の時代から、社有林で自ら生産し、採取して使用している「国産浄法寺漆」。
 そして金具にもこだわりがあります。伝統工芸品の南部鉄器と同様の素材で鋳造した重硬感ある「鋳物金具」。一枚の鉄板・銅板に下絵を描くことから始まり 、彫りと打ち出しを繰り返し、職人の手打ち作業により、一枚一枚丹念に仕上げられた「手打ち彫金金具」。 多くの技術の結晶である南部箪笥は職人の技が光る一品です。

衣装箪笥・階段箪笥

衣装箪笥・階段箪笥

津軽塗箪笥・水屋箪笥

津軽塗箪笥・水屋箪笥

モダン和風家具

モダン和風家具

お問い合わせはこちら

名称 株式会社マルイ造形家具工業
所在地 〒028-6502 岩手県九戸郡九戸村大字伊保内11-13
TEL 0195-42-3031
FAX 0195-42-3026
mail -
URL http://www.marui-zoukei.co.jp
営業日 -
トップへ戻る

運営会社 : 株式会社リードコナン